糖尿病患者さんは癌になりやすい?  ☆内科 消化器内科 糖尿病内科☆ | 福岡の在宅医療クリニック ホームドクターズ|訪問診療・総合内科・糖尿病内科・消化器内科

ブログ

糖尿病患者さんは癌になりやすい?  ☆内科 消化器内科 糖尿病内科☆

健康診断で高血糖が指摘され、受診される方が増えてきています。糖尿病は口喝、多飲、多尿など軽い自覚症状はありますが、そのほとんどが気づかれていないことが多く、発見時には重症の糖尿病であることも少なくありません。例え発見された場合でも、糖尿病を薬やインスリンでコントロールすることに抵抗を示される患者様も多くいらっしゃいます。糖尿病は全身の血管の動脈硬化を進行させ、脳梗塞や心筋梗塞を発症させます。足の血管が詰まって感染や壊死のリスクの増大や腎臓の働きが悪くなり透析治療が必要になる場合もあります。網膜症の増悪で視力が低下することもあるでしょう。様々な糖尿病細小血管症、糖尿病大血管症を発症します。これらの合併症のご説明をさせていただき、できるだけ早期発見、早期治療をお勧めします。

他にも糖尿病の合併症はたくさんあるのですが、ご高齢の患者様の場合は老化という要素が加わり、認知症や骨粗しょう症、筋力低下などの原因にもなります。また、最近、糖尿病になるとがんになりやすいことが分かってきました。糖尿病になることで、血糖値を下げるためのインスリンホルモンの増加、高血糖自体による全身の細胞への障害、炎症性サイトカインの増加など様々な原因が複雑に関与することで、今のところ、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんになりやすいことがわかっています。ただし、糖尿病患者さんは食事が不規則だったり、飲酒が多かったり、濃厚な喫煙歴や運動不足の方が多いので、それ自体もリスクとなります。できる限りこれらのリスク管理をしっかりと行い、糖尿病を治療し、がんを予防することが大切と思われます。そして、糖尿病患者さんは必ずがん検診を積極的にうけてください。早期発見することで、がんは治療できる時代です。特に、糖尿病患者さんに多いと言われる大腸がんなら、大腸カメラを受けてください。ポリープを早期発見し、大きくなる場合はポリープを切除して将来の大腸がんを防いでください。肝臓がんや膵臓がんは、症状が出づらく、発見が難しいがんです。CTや超音波エコー検査を受けるとよいでしょう。

当院では、胃カメラ、大腸カメラ、CTなど各種検査を行うことが可能です。自分がどの病気を持ち、どんながんになりやすいのかを気を付けて、末永く健康で幸せな時間をお過ごしください。